マナーを守って快適に過ごす

大切なマナー

バス

匂いのキツイものは避ける

バスツアーの場合、車内に大勢の人が乗車します。そういった場所に匂いのキツイ食べ物や香水などを付けて乗車すると周囲に迷惑をかけてしまう可能性がでてきます。特に夏場は冷房を付けているため、簡単に窓を開けて換気をすることもできません。そういった時の事を考えて、マナーを守るようにしましょう。

自分の持ち物には名前を書く・荷物を最小限にする

旅行にいくとき、荷物が多くなってしまうという人も少なくありませんがあまり荷物が多いと他の人の荷物を収納することができずに迷惑をかけてしまうことがあります。その他にも、手荷物には名前を書くようにしましょう。似たようなカバンを持っている乗客がいる可能性もあるため、カバンを取り間違えてしまう場合があるからです。名前を書くのが嫌な人は目立つように目印を付けておくと良いでしょう。

喫煙・飲酒には気をつける

バスツアーに参加するのは、大人だけとは限りません。子供も一緒に参加していることもあります。そのため、過度な喫煙や飲酒は避けた方がいいでしょう。バスの外でタバコを吸っても衣服に匂いが染み付いていることもありますし、外でお酒を飲んでも酔っ払った人が近くにいると不快感を感じてしまう人もいます。飲酒をしたい人はお酒を飲んでも大丈夫そうなプランに参加してみて下さい。

時間を守る・車内での通話は控える

大勢の人が参加するバスツアーでは、自由行動を取ることができる時間も設けられています。そのため、集合時間を守って行動しなければ次の予定に間に合わなかったり、他の乗車客に迷惑をかけたりしてしまうため気をつけましょう。また、車内で通話をすると隣の席の人などに迷惑をかけてしまう可能性があるため控えるようにしましょう。